帝王切開、二人目は・・・

あなたは健康ですか?寝不足や無理なダイエット、ストレスで生理が遅れていませんか?女性特有の月経前症候群(PMS)や女性ホルモンのバランスの崩れによる生理不順、免疫力が落ちれば性行為以外での性病になってしまったり。また多くの女性が高齢出産の傾向にあります。妊娠や生理について、自己管理も大切。自分のからだは自分でケアしましょう!

帝王切開、二人目は・・・

帝王切開、二人目は・・・

「VBAC」という言葉をご存知でしょうか。

VBACとはVaginal Barth After Cesareansectionの略で、
帝王切開後の経膣分娩を意味します。
つまり、帝王切開経験者が次に自然分娩で産むこと。


次出産するときは、自然分娩!
と、帝王切開で出産したママさんは思うこともあるでしょうけど、
残念ながらこれは全ての方に当てはまらないのです。

VBACはリスクを伴うお産なのです。
もちろん自然分娩と帝王切開を比較すると、理想的なのは自然分娩です。
何も問題がなければ、妊婦さんは自然分娩で出産しますよね。
しかし、帝王切開経験者になると話は違ってくるのです。

VBACの最も心配なリスクは子宮破裂です。
これを回避できれば、メスで母体を傷つける事なく、
自然分娩同様、入院期間も短くすむというメリットもあります。
そして問題は、この子宮破裂を予測することが難しい、ということ。
予測困難のため、帝王切開経験者は、次も帝王切開での出産をおすすめする病院も多いようです。


もちろんVBACで無事出産されている方も多くいらっしゃいます。
VBACに挑戦するかどうかは、母体の健康状態を把握し、
スタッフや設備が整った病院で行いましょう。
まずは、VBACに伴うリスクを自分で把握することが大切です。


VBACの偏見

昔からそして、今も自然分娩がよしとされる日本。
世界では帝王切開での出産率が日本に比べて高く、
日本でも増加傾向にありますが、まだ低いです。
その中で帝王切開に関する、間違った情報、偏見も多くあります。
特にご年配の方の中には、帝王切開だと母性がなくなる、
虐待する確率が高くなる、といった根拠のない偏見を持っている人がいます。

これらはとんでもない思い込みです。
帝王切開をするママの中にもこういった心配をする方もいらっしゃるようですが、
母性に自然分娩も帝王切開も関係がない、ということを覚えておきましょう。

妊娠 イメージ イラスト


無痛出産といわれる帝王切開ですが、
赤ちゃんが産まれたときの感動は、なんともいいようがないくらい!
どんな出産方法でも子供は宝物。
生みの苦しみを知らない、とか言われますが、両方に違う面での苦しみがあるです。

心無い言葉を発する人もいるでしょうけど、
へこたれずに、こういった間違った偏見に対応しましょう!
そして、これからVBACに挑むあなた、まずは母体の健康状態が良くないと!
しっかり健康管理を行い、元気な赤ちゃんを生んでください。
何か不安があれば、すぐかかりつけのお医者さんやVBAC経験者に相談しましょう。
心のストレスにはすぐに対応して、良い精神状態を保つように心がけて。


 

このページの上へ▲

子宮筋腫
子宮動脈塞栓術って?
子宮筋腫をもっと知る
子宮筋腫と妊娠
子宮筋腫の手術
子宮筋腫の治療
子宮筋腫の症状
子宮内膜症
ピクノジェノールって?
子宮内膜症と妊娠
子宮内膜症の症状
子宮内膜症の治療
子宮内膜症の手術
高齢出産
妊娠!高齢出産
高齢出産、限界年齢って?
高齢出産のリスク
帝王切開、二人目は・・・
妊娠と基礎体温
妊娠・排卵検査薬
基礎体温と排卵
基礎体温表
基礎体温
妊娠の兆候
つわり
妊娠初期、ママのカラダ
妊娠とおりもの
妊娠?症状セルフチェック
産後ダイエット
妊娠線・セルライトケア
産後ダイエット
頭皮のエイジングケア
経皮毒って知ってますか?
頭皮の健康は顔に現れる
生理
産後の生理
無排卵月経
ピルについて
妊娠生理?着床出血
生理痛
生理不順
月経前症候群 PMS
PMSのイライラ
PMSの治療
PMSの症状
セックスレスについて
セックスレス解消法
セックスレスの悩み
当サイトについて
リンクについて
免責事項
HOME
女性のためのリンク集
女性の美容と健康リンク4
女性のお役立ちリンク
女性の美容と健康リンク1
女性の美容と健康リンク2
女性の美容と健康リンク3
PMSの病院リンク