基礎体温表

あなたは健康ですか?寝不足や無理なダイエット、ストレスで生理が遅れていませんか?女性特有の月経前症候群(PMS)や女性ホルモンのバランスの崩れによる生理不順、免疫力が落ちれば性行為以外での性病になってしまったり。また多くの女性が高齢出産の傾向にあります。妊娠や生理について、自己管理も大切。自分のからだは自分でケアしましょう!

基礎体温表

基礎体温表

あるデータによると、基礎体温を今までにつけたことがある人は、67%と高い数字が出ています。
しかし現在、基礎体温をつけていると答えた人は20%弱です。


基礎体温をつけるのをやめてしまった理由は、面倒くさくなってしまったという回答が多く、
3日坊主ではないですけど、3ヶ月ともたない人が多いといえます。
基礎体温は継続しなければ正確性が保たれないので、毎日つけなければいけません。
始めは面倒くさく感じるかもしれませんが、習慣化すれば生活の一部になります。
だからといって、1日基礎体温を付け忘れたからといって神経質になり過ぎるのも、
精神的に良くありませんよね。
まずは、自分のペースで基礎体温を付け続けるようにしませんか?

ちなみに、基礎体温は婦人体温計で体温を測ります。
一般の体温計より目盛りが多く、0.3~0.5度程度の微妙な変化が測定可能です。
婦人体温計は薬局やインターネットで購入できます。
また基礎体温表を購入したり、インターネットで無料ダウンロードをしたりして、
記録することが必要です。
基礎体温表はあなたの健康日記のようなものといえるでしょう。


また、生理不順や不妊に悩む人で病院に通う人で、お医者さんから、
基礎体温をつけることを薦められる場合もあります。


まずは、基礎体温表をゲットしなきゃ!

テルモ婦人体温計でカンタン測定、便利機能がいっぱい!三日坊主のあなたに。。。.

基礎体温、正しいつけ方


基礎体温は継続的に付けなければいけないということは、前途したとおりです。
更にいうと、基礎体温は正確に付けなければ意味がありません。

正しい基礎体温の付け方を知ることは、女性として大事な知識になります。


■基礎体温、測定のタイミング

まず、毎日同じ時間に朝目覚めて起きる前、寝たままの状態で計ります。
これは原則です!
ここでポイントはトイレなどに行って、起床後計ると正確性にかけてしまうのでご注意を!

■婦人体温計のススメ

一般的な体温計ではなく専用の婦人体温計を使用しましょう。
細かい目盛りまで測定してくれるし、細かいデータが必要だからです。
通常体温を測る場所は、脇の下、舌の下などありますよね。
基礎体温を測定する場合、必ず舌で計って下さい。
細かい体温の数値が必要なので、脇より舌で計る方が詳細なデータを取得可能だからです。

■体調をメモろう

その日の体調や変化など、自分の自覚できる症状をメモとして書いておきましょう。
例えば、お腹の痛みやだるさ、月経中なら出血量など。

細かい自分の体温と症状で、ああ、自分の体ってこんなふうに変化してるんだ、
と改めて再確認でき、日々の生活においても、心の準備ができますよね。
この時期は体調が悪いとか、注意した方がいいとか、
自己管理ができ体と上手く付き合っていくことができます。

基礎体温は毎日つけなければいけないことが必須といわれても、
つけ忘れたりすることもありますよね。
2日ぐらいのつけ忘れなら大丈夫!断念せずに、ちょっと記入忘れの日があっても続けましょう。
継続するうちに、基礎体温の測定が習慣化され、慣れていくはずです。


たまひよ妊娠大百科―たまごクラブでお勉強!


はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

 

このページの上へ▲

子宮筋腫
子宮動脈塞栓術って?
子宮筋腫をもっと知る
子宮筋腫と妊娠
子宮筋腫の手術
子宮筋腫の治療
子宮筋腫の症状
子宮内膜症
ピクノジェノールって?
子宮内膜症と妊娠
子宮内膜症の症状
子宮内膜症の治療
子宮内膜症の手術
高齢出産
妊娠!高齢出産
高齢出産、限界年齢って?
高齢出産のリスク
帝王切開、二人目は・・・
妊娠と基礎体温
妊娠・排卵検査薬
基礎体温と排卵
基礎体温表
基礎体温
妊娠の兆候
つわり
妊娠初期、ママのカラダ
妊娠とおりもの
妊娠?症状セルフチェック
産後ダイエット
妊娠線・セルライトケア
産後ダイエット
頭皮のエイジングケア
頭皮の健康は顔に現れる
生理
産後の生理
無排卵月経
ピルについて
妊娠生理?着床出血
生理痛
生理不順
月経前症候群 PMS
PMSのイライラ
PMSの治療
PMSの症状
セックスレスについて
セックスレス解消法
セックスレスの悩み
当サイトについて
リンクについて
免責事項
HOME
女性のためのリンク集
女性の美容と健康リンク4
女性のお役立ちリンク
女性の美容と健康リンク1
女性の美容と健康リンク2
女性の美容と健康リンク3
PMSの病院リンク