妊娠とおりもの

あなたは健康ですか?寝不足や無理なダイエット、ストレスで生理が遅れていませんか?女性特有の月経前症候群(PMS)や女性ホルモンのバランスの崩れによる生理不順、免疫力が落ちれば性行為以外での性病になってしまったり。また多くの女性が高齢出産の傾向にあります。妊娠や生理について、自己管理も大切。自分のからだは自分でケアしましょう!

妊娠とおりもの

妊娠とおりもの

私たちのカラダが生理サイクルによって変化するように、おりものも変化します。
おりものの状態や量など、自分は大丈夫なのか?などと、
人に聞けない話題なので、悩む人も多いようです。
妊娠初期の症状のひとつとして、おりものの変化があります。

妊娠すると、おりものの量は一般的に増えます。
人間の体は神秘的なもので、赤ちゃんを細菌から守る為におりものの量を増やすのです。

ただ、個人差があり全然おりものが出ないけど、ニオイがきつくなった、と感じる人などいろいろです。
おりものを毎日チェックすることで、異変に気付き、流産から救われた、という経験をした人もいらっしゃいます。
妊娠すると、母体は外的な刺激に敏感に反応したり、感染症を起こしやすい状態でいます。
細菌の進入を防いでくれるおりものは、ママと赤ちゃんの状態をチェックしてくれているのです。


注意すべきことは、おりものが異常に多かったり悪臭がしたり、
黄緑色や茶褐色、血液が混じる、となると何らかの病気の可能性があるので、
すぐに、症状をお医者さんに話してみましょう。

おりものの量が気になるときは・・・
妊娠39週目まで対応の産前用マタニティショーツって??

おりものの量

おりもののニオイが気になる・・・
量が人より多いのでは?
いつもとおりものの状態が違う・・・


おりものは女性のカラダにはつきもの。
だから、おりものの悩みはこのようにいろいろです。もちろん、これには個人差があります。
汗っかきの人とそうでない人がいるように、人によっておりものも違います。


おりものの量は周期によって変化します。
生理にサイクルがあるように、おりものにもサイクルがあり、量や色、
ニオイもそれに応じて変化するのです。
その変化の原因は女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンに深く関係しています。

主に生理前と排卵前におりものの量は増えます。
おりものが一番増える排卵前は、透明で卵白のような色で、ドロっとしてますがニオイは強くありません。
そして、生理前も比較的、おりものが増えます。
その際は、白く濁った色をして、ニオイはやや強くなります。

逆に最もおりものの量が少なくなるのが、生理後です。
さらりとしていて、粘り気もなくなります。

このように、おりものの量や状態はいつも同じではありません。
生理のサイクルとともに、変化していくのです。


おりものと排卵日

おりものの量が一番ピークになるのは、排卵期です。
この頃のおりものは、頸管粘液といって卵の白身のような状態になります。
この粘液は、積極的に精子を取り込み、妊娠を促す働きをします。
不妊の人は排卵日をしっかり認識して、妊娠しやすいようにおりものをチェックします。


排卵日のおりものの変化にびっくりする人もいます。
人によってそれぞれですが、水っぽい状態だったのにいきなりグミのような形状のものが出てきたら、いつものおりものとは違うので、心配しちゃいますよね。
そういう時は、まず、


あれ?私の排卵日っていつだっけ?

と確認してみましょう。
生理から14日後が排卵日と言われています。
おりものは生理のサイクルによって、変化していることを認識しましょう。

排卵検査薬について詳しく知る


異常なおりもの

私たちにとって、おりものとはカラダの健康状態を計る、ひとつのバロメーターといっても良いでしょう。
生理サイクルと同様に、おりものにもサイクルがあります。
おりものとは、本当に長い付き合いですよね。。。

毎日生活をしている中で、いきなり血のまじったような茶色いおりものがでたら、
「え?!何!」とすごくびっくりするでしょう。
通常、排泄物や分泌物に血が混じっていると、何らかの病気になっている可能性があるといいます。
いきなり嫌な予感がして、心配していてもたってもいられなくなる人もいます。


おりものに血がまじっていて、慌てて病院に駆け込んだという経験をお持ちの方もいるでしょう。
ただ、生理前後や排卵期に血が混じっているのは、大丈夫な場合もあります。
おりものが正常で、少ししておさまるのならあまり気にする必要はありません。

しかし、排卵期以外におりものに血が混じった場合は、病院で検査を受ける必要があります。
子宮腟部びらん(ただれ)、腟炎、子宮頸管ポリープなど婦人科系の病気の可能性があるからです。

個人差があり、あくまでも目安ですが、自己診断で違和感を感じた場合は、
検査を受けるか、もしくはHPなどでメールでカウンセリングしてもらうことをオススメします。

 

このページの上へ▲

子宮筋腫
子宮動脈塞栓術って?
子宮筋腫をもっと知る
子宮筋腫と妊娠
子宮筋腫の手術
子宮筋腫の治療
子宮筋腫の症状
子宮内膜症
ピクノジェノールって?
子宮内膜症と妊娠
子宮内膜症の症状
子宮内膜症の治療
子宮内膜症の手術
高齢出産
妊娠!高齢出産
高齢出産、限界年齢って?
高齢出産のリスク
帝王切開、二人目は・・・
妊娠と基礎体温
妊娠・排卵検査薬
基礎体温と排卵
基礎体温表
基礎体温
妊娠の兆候
つわり
妊娠初期、ママのカラダ
妊娠とおりもの
妊娠?症状セルフチェック
産後ダイエット
妊娠線・セルライトケア
産後ダイエット
頭皮のエイジングケア
頭皮の健康は顔に現れる
生理
産後の生理
無排卵月経
ピルについて
妊娠生理?着床出血
生理痛
生理不順
月経前症候群 PMS
PMSのイライラ
PMSの治療
PMSの症状
セックスレスについて
セックスレス解消法
セックスレスの悩み
当サイトについて
リンクについて
免責事項
HOME
女性のためのリンク集
女性の美容と健康リンク4
女性のお役立ちリンク
女性の美容と健康リンク1
女性の美容と健康リンク2
女性の美容と健康リンク3
PMSの病院リンク